漢方に親しむ 「大承気湯 133」

太鼓腹で便秘傾向の人に大承気湯(だいじょうきとう)を使います。瀉下さようのある、大黄と芒硝が含まれるとともに、気の巡りを良くしてくれる厚朴と枳実が入っています。体力があり、お腹がつかえて腹部膨満感を訴えます。

体の内部に熱がこもっている印象で、汗っかきで喉の渇きを訴えます。

《保険適応病名》
腹部がかたくつかえて、膨満感が強く、便秘するもの、あるいは肥満体質で便秘するもの。
常習便秘、急性便秘、高血圧、神経症、食あたり。

《生薬構成》大黄 芒硝 枳実 厚朴

《覚え方》大将 寄港

航海の途中に 大(大黄)将(芒硝)が寄(枳実)港(厚朴)しました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました