煮込み料理をするときに使う調理具

徒然

 煮込み料理をするときにはなかなか炊事場から離れられない事態になると思います。私は昨日守りをしなければならない状態から解放されたいとこんな調理器具を使用しています。改めて見てみると今はなきナショナルの製品。ずいぶん昔から我が家にあったようですが、私が発掘して使い始めました。全く電気を使わない調理器具なのに、このようなものもナショナルが作っていたのだなぁと驚き、パナソニックで調べてみましたがこういう製品は扱っていないようです。
 外側の保温容器と、内側に入れるお鍋とに分かれています。内側の鍋をコンロにかけて普通に煮込み料理をつくります。沸騰したところでそのまま外側の保温容器に入れて蓋をすれば、高温状態が維持され、火はないのに煮込みが進んでいきます。数時間で出来上がりですが、一晩放置していると翌朝には温度も下がってじっくり味の染み込んだ煮込み料理の完成です。
 外側はこんな感じ

 蓋を開けるとただの保温容器に見える。

 今回はロールキャベツを作成。沸騰後容器に収納し、3時間後でも熱々の料理が食べられました。年末にはもつ鍋からのおでんなども作りました。カレー、シチュー、豚の角煮などなど煮込むものなら何でもこいです。

 こんな便利でエコな料理器具、もう無いのかと思ってググってみると、どうやらサーモスという会社が作っている様です。これは使ったことがないのですが、興味のある方はどうぞ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サーモス THERMOS KPS-8001 真空保温調理器 シャトルシェフ ブラック
価格:22720円(税込、送料別) (2021/2/14時点)

 

コメント