漢方

医療

1人の医師がで西洋薬も漢方薬も処方できる日本はユニーク

 最近では医学部の講義で漢方の講義がある大学が増えているようですが、私の学生時代には漢方のかの字も聞いたことがありませんでした。明治維新以来、日本の医学教育は西洋一辺倒。私は東洋思想に親和感が合ったこともあり、学生時代から鍼灸や漢方薬に興味...
医療

水のように流れる鼻水

 鼻炎や風邪の引き始め、それに体が冷えた時などに、水のような鼻水がたらたらと出て困る、という方はおられませんか。人によって対処の仕方はいろいろ。ひたすら鼻をかむ、ティッシュを詰める、抗アレルギー薬や風邪薬を服用する、体を温めるなどなど、苦労...
医療

高齢者の誤嚥

肺炎が日本人の死因の3位とか4位とかに入ってくるわけですが、これは特に高齢者のお話になります。64歳以下に限ってみれば、死因の5位には入ってきません。年齢が上がるにしたがって体の抵抗力が落ちること、呼吸機能も落ちること、嚥下機能が落ちる...
医療

体の抵抗力をアップ

Covid 19に対する感染対策を皆さんいろいろされていると思います。そんな中、それぞれの抵抗力、免疫力を上げると言うことも大切だと思います。病気に対する抵抗力をつける方法として、休息を取る、栄養をとる、適度な運動をするなどという方法が考え...
漢方

冷えの訴えに

冷えを訴える場合、貧血、甲状腺機能低下症、血管疾患などの有無をチェックする必要がある場合があります。また、生活の中で、冷たいものの飲食、低温環境に日常的にいる、衣類による体の締め付けがきつい、運動不足から筋肉量の低下がある、ストレス...
漢方

漢方ファン

私自身が、ほぼ毎日何らかの漢方薬を服用するという漢方薬ファンである。ここ数年は服用しない日はないくらい。お陰で大きく体調を崩すことなく生活できている。 自分で漢方の効果を実感したのは20代の頃。学生時代に住んでいた場所に化学工場からの...
漢方

「血の巡りをよくしよう」

 漢方では、気(き)、血(けつ)、水(すい)がスムースに流れている状態を目指します。この中で「血」の流れが滞っている状態を瘀血(おけつ)と呼びます。皮下出血、静脈瘤、いぼ痔、月経にまつわる異常、冷え、色素沈着、頭痛その他、瘀血が関係して症状...
漢方

すっきり快便を目指して

 何をもって便秘とするかはむつかしいところですが、気持ちよく排便できないと感じれば便秘といってもよいかもしれません。『慢性便秘症診療ガイドライン』でも、“便秘”とは、「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」としています...
徒然

漢方の勉強

私の漢方診療のスタンスは、基本的診療のサポートという位置づけです。まずは西洋医学の発想で患者さんと向き合い、そこでカバーできないときに漢方薬を処方するということです。それでは漢方薬の出番が少なそうですが、体の調子を整えることまで考えると漢方...
漢方

暑さを乗り切る

 もうじき9月となり暦の上では秋となりますが、暑さはまだまだ続きそうです。初秋の残暑を乗り越えてはじめて夏を乗り切ったと言えるでしょう。暑いと体を冷やしたくなり、クーラーを効かせたり冷たいものを食べたりしがちですが、普段の生活で体を冷やしす...