実家庭の雑草取り

主人なき実家は、少し目を離すと雑草が伸び放題。あまり放置すると塀の外にまで影響することもあるのでときに雑草取りが必要となる。これまではえっちらおっちら切っていたが、流石に疲れてきた。もう手放す算段を進めているのだが、それまでは放置するわけにもいかない。

そこで、電動の工具を購入することにした。コードがついていると庭を動くのに不便だし、よく見かける柄の長い工具はあまりつかう場所も無さそうだし、どうしたものかとネットをみてみた。すると充電式で生垣の剪定につかうことを想定した工具を見つけた。この程度で大丈夫かなぁと少し不安を感じたが、ハンディだし、自宅でも気軽に使えそうだし、購入してみることとした。

しっかり充電して実家へ。夏の暑い日でした。いつもなら1時間以上はかかる作業なので、始める前から疲れを感じる状態。しかし初めてみると、下草刈りに10分もかからなかった。なんと道具というのは素晴らしいのだ、と感謝、感激、雨あられ(少し古臭い言い回しですみません)。

使ってみると、木の枝も細いものであれば簡単に落とせる。良い買い物でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました