漢方薬は蜂蜜、生姜、レモンと一緒にお湯に溶かして飲んでいます

徒然

漢方のエキス剤は、本来の生薬の香りがかなり飛んでしまっていると言われているけど、それなりに匂いがあり味もあります。それが苦手で服用できない人もおられます。

服用の際は、お湯に溶かしてのむというのが基本とされていますので、服薬指導とすればその通りに説明することになります。しかし私自身は、漢方薬を蜂蜜などと混ぜてお湯で溶かして服用しています。おすすめすることはできませんが、私の聞いた範囲ではその飲み方はいけない、と言われてことはありません。

血圧がやや高めの私は、朝起きると降圧薬を一錠飲みます。そのまま、常備している漢方エキス剤から朝の調子をみて服用するものを選びます。コップを用意して、1〜3種類の漢方薬を入れます。蜂蜜を入れます。蜂蜜は味に大きく影響するので好みのものを選ぶ必要があります。私はいろいろ試した中でふるさと納税でいただいた が気に入っています。ちょっと味にインパクトを与えたければメープルシロップを少し加えるのもいい感じです。

 

 

すりおろした生姜を好みの量入れます。特に風邪のひきはじめに葛根湯や桂枝湯などを服用するときは、小喬がいい味を出してくれるし、体が冷えないように注意すれば体のポカポカ感もアップして、なんだか体調回復が早いような気がします。

さらにレモンを入れます。私は常にレモンの果肉を小さく切って容器に入れたものを冷蔵庫で冷やしています。レモンがない時には、コストコで購入したレモン果汁をたらしたりします。これは良く見かけるポッカレモンより、レモン感が強くて気に入っています。ただし、実際にレモンの果肉を入れる方が私は好きです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました