今年の冬にインフルエンザが流行するかどうかはわかりませんが

医療

 昨シーズン、インフルエンザはほとんど患者数が増えることなく終了しました。インフルエンザの流行がなかった極めて稀なシーズンとなりました。外来をしていてもインフルエンザのチェックをする患者さんさえとても少ない状態でした。実際にインフルエンザのお薬を処方した人も極めて少なかったです。

 ではなぜ少なかったのでしょうか。昨シーズンが例年と違うのは、COVID-19が猛威をふるっていたことだと思われます。特に多くの人がマスクをし、手を洗い、うがいをしと言う具合に、感染性の気道感染症を予防する手段を講じていたことが大きいと思います。ワクチン接種だけでは防ぎきれなかったインフルエンザウィルス感染を、感染防御テクニックで見事に封じ込めたと言う印象でした。

では今年はどうでしょうか。主として気になるのは2点だと思っています。感染対策が継続的に行われているかと、昨シーズンに流行がなかったことがどう影響するかということです。

 現在Covidー19の新規感染者数が減少しており、感染対策に対する意識も低下してきていると思います。そうなってくると、同時にインフルエンザに対する感染対策もできない人が増えてくる可能性があり、感染の広がりを防ぐことが難しくなる可能性があります。私自身は、少なくとも来年の春までマスク着用を継続するつもりです。みなさんも可能であれば、これまで通り感染対策に対する意識を継続されることをおすすめします。

 昨シーズン、インフルエンザの流行がなかったということは、インフルエンザに対する免疫を獲得した人が少なかったとも言えます。そうなると、感染に対して脆弱な人がいぜんより多い可能性があるわけです。それがどの程度のインパクトなのか私にはわかりませんが、気になります。ちなみに私自身は、今年もワクチン接種を受ける予定にしています。

 あと私自身が行う対策とすれば、漢方薬を利用することです。補剤という体を元気付ける処方の中でも補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を、体力が落ちたと感じる時やインフルエンザの患者さんと接した時などには服用しようと思っています。補中益気湯は、胃腸の調子を整えることにより元気をつける処方ですが、免疫機能も高めるとされています。特に樹状細胞という免疫反応の最初のステップで重要な働きをする細胞の機能を高めるとされており、体の抵抗力をつけてくれることは間違いないようです。もちろん服用すれば感染しないというわけではありませんが、底力はつくと思っています。

 いずれにしろ、インフルエンザもCovidー19も気になる冬を迎えます。みなさんが無事このシーズンを乗り切られることを祈っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました