気を補うという考え方

徒然

 ようやく新型肺炎の新規感染者数が少なくなってはきましたが、なかなかコロナ禍から脱却できませんね。そんな中、Covid 19に対する感染対策を皆さんいろいろされていると思いますが、それぞれの体の抵抗力、免疫力を上げるということも大切だと思います。病気に対する抵抗力をつける方法として、休息を取る、栄養をとる、適度な運動をするなどという方法が考えられます。それに加えて漢方薬を利用すると言う手段もあります。

 弱った体に元気を注入してくれるような漢方薬をまとめて補剤と呼びます。体に足りないものを補うお薬と言う意味ですね。気力を補ってあげるお薬を特に補気剤と呼んだりもします。

 一般的に、医師が気のせいだと言う時は、明らかな異常はなく病気などではない、と言う意味で言うことが多いと思います。しかし、漢方では『気』の異常は大切なものと考えます。気などと言うとなかなかとらえどころがないのですが、体全体の調子を整えてくれる、生きるための根源的なエネルギーと言うふうに捉えると良いかもしれません。目に見えるものではないのでなんだかもやっとしますけれどね。

 さて、気を補って元気をつけてくれる補気剤の代表格は、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)と言う処方です。元気のない人、倦怠感がある人、年中風邪をひきやすい人、お腹の調子が悪い人、などにしばらく飲んでもらっていると調子が良くなることも多いです。大きな手術の後で体力が落ちてしまっている人などにも服用してもらうことがあります。免疫力を高める効果もあるようで、服用しているとウイルスによる風邪やインフルエンザにかかりにくくなるとも言われています。

 補剤がCovid19の感染予防になるかどうかは不明ですが、抵抗力をつけていたほうがいいですよね。今後の変異株が出てくるようなら、現在のワクチンの効果がどうなるかはっきりしませんからね。

 普段元気な人が、いろいろなことで疲れきってしまったようなときに使うと割と効果が実感できることもあります。またもともとあまり体力がないような人元気のない人にこれを使うと少し生き生きとしてきたりします。慢性疲労症候群の方に気長に使ったりもします。コロナ後遺症で倦怠感のある方にも良さそうな気がしますが、これは今の所よくわかりません。

 以前患者さんで、この補中益気湯を飼い犬に飲ませていると言う人がおられました。ワンチャンに効果があるのかどうか、あるいはどの程度の量飲ましたらいいのか、私には全く判りません。あと獣医さんが漢方薬を使うなんてことがあるのかどうかもしれません。もしご存知の方が居られたら教えてください。

漢方では、足りないものは補い、多く蓄積しすぎたものは外に追い出すと言う発想で治療を行います。補剤と言うのはまさに足りないものを補うと言う発想ですね。人に優しい医療体系だと思っています。

 では生活に漢方を取り合い入れて、健やかな日々をお送りください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました