冷え性という診断名

徒然

 みなさんは、「冷え性」と言う言葉を聞いたことがあると思います。日本では立派な診断名として存在しますが、西洋医学には冷え性と言う診断名はありませんしそれに対する治療薬と言うのも基本的に存在しません。漢方では冷え性という言葉をよく使いますがこれは必ずしも体温が低いと言うことを意味してるのではありません。基本的には、ご本人が体のどこかに、あるいは体の全体に冷えを感じる状態と言うのを冷え性とよびます。ただし本人が全く気づいてないけれども診察をするとどうも訴えのある症状の根っこのところに冷えがある、と判断する場合もあります。こういう時も冷え性に使う漢方薬を使うことになります。

 もちろん冷えの訴えに対して漢方治療だけを考えれば良いかというとそういうわけではありません。冷えを訴える場合、貧血、甲状腺機能低下症、血管疾患などの有無をチェックする必要がある場合があります。また、生活の中で、冷たいものの飲食、低温環境に日常的にいる、衣類による体の締め付けがきつい、運動不足から筋肉量の低下がある、ストレスの多い生活をしているなどがあるならそれらを改善することを考えます。

 漢方薬を利用する場合は、体を温める、血流の改善、貧血傾向の改善、気持ちを整えるなどということを目指した処方から選択することになります。

 少し華奢な感じで、冷えとともに浮腫みや肩こりなどがあるときは、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)がよさそうです。日により体の不調が一定せず、イライラや不安が強い場合は、加味逍遙散(かみしょうようさん)を試してみましょう。冷えるとお腹が痛くなり、しもやけになりやすいような人は当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)。少しがっちり気味の体形で肩こり、ほてり、腹痛などを伴う人は桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)。体力が落ちて下痢気味で足がむくみやすい人に真武湯(しんぶとう)。腰から下がとても冷えるという人に苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)などなど、一人一人の症状や体質を見ながら処方を考えていきます。これら以外にもいろいろな処方を冷え性に対して利用することができます。

 同じ冷えという訴えに対しても、人によって処方が変わってくるところが漢方薬の面白いところでありむつかしいところです。医師や薬剤師と相談する中で、あなたに合った処方が見つかれば、冷えだけでなく体全体の調子が良くなることも少なくありません。冷えは体質だから仕方がないなどとあきらめている方も時折見かけますが、漢方薬を試さずに諦めてしまうのはもったいないと思います。

 体が温まると、あるいは温めることによってご自分の気になる症状が軽くなる場合、その症状の原因に冷えがある可能性があります。ご自分の生活を振り返ってみて温める方が気持ち良いのか冷やす方が気持ちいいのかよく見つめ直してみてください。そして温めたほうがよさそうだと思えば温めて調子を整える漢方薬を試してみるのが良いと思います。

 漢方薬に親しんで、体調を調え穏やかな日々を送りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました