さらさらした水のような鼻水がでる

徒然

鼻炎や風邪の引き始め、それに体が冷えた時などに、水のような鼻水がたらたらと出て困る、ということがありませんか?人によって対処の仕方はいろいろだとおもいます。ひたすら鼻をかむ、ティッシュを詰める、抗アレルギー薬や風邪薬を服用する、体を温めるなどなどという具合に、苦労している方もおられるでしょう。これらの対応で何とかなればよいですが、どうしようもなく流れ出てくるといった場合、漢方薬に手伝ってもらってもよいかもしれません。

生薬の麻黄は、鼻粘膜の炎症と鼻汁を抑えてくれます。麻黄の入った漢方薬で鼻汁に使えるものの代表選手は小青竜湯(しょうせいりゅうとう)です。わたしはこの処方と出会って、アレルギー性鼻炎で困り果てるということはなくなりました。くるな、と思ったらすかさず小青竜湯を服用します。抗アレルギー薬が必要になるのは、年に一回あるかないかとなりました。昔はずいぶんくろうしていのですけどね。かぜの引きはじめに使う葛根湯のほうが良く効く人もおられます。炎症症状が強いときには越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)を使用します。お年寄りや虚弱な方には麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)が良い場合もあります。
上記4剤は、麻黄という生薬を含んでいますので人によると動悸、血圧上昇、不眠などを引き起こすことがあります。使用できる人の場合も長期間にわたり漫然と使用することは避けたほうが良いでしょう。
麻黄が使いにくい場合は、苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)を使うとよい場合もあります。ただし、この処方の目指すところは、体を温め、咳や痰を鎮め、余分な水分を捌くといった小青竜湯の共通する部分がありますが、保険適応症に鼻炎や感冒はありません。貧血、冷え症で喘鳴を伴う喀痰の多い咳嗽があるものや、気管支炎、気管支喘息、心臓衰弱、腎臓病のものが適応となります。
もちろん漢方薬では効果が不十分だったり、無効なこともあります。しかし、不十分な場合も西洋薬の量を減らすことができることがありますし、鼻水には無効でも体調が良くなることもありますから試してみる価値はあるとおもいます。

漢方薬は、同じような症状に対しても、体質や症状によってつかう処方がかわってきます。初めて使う時には、漢方好きな薬剤師や医師に相談してくださいね。そのほうが、自分に合った漢方薬に出会う早道ですから。

それにしても、昨年から日常的にマスクをするようになって以来、私はこれまで以上に鼻炎症状を感じることが少なくなりました。不織布マスクで、アレルゲンとなるものを吸い込まなくなったのかもしれませんね。時代とともに、多くの人が悩む症状というのは変遷していくのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました