簡単卵酒

昔は、風邪気味の時に飲まれていたと言う卵酒。それが風邪に効くかどうかわからないけれど、糖分と蛋白質、それにビタミンなども取れると言う意味では良いだろうし、お酒で少し体が暖まったところでぐっすり眠れると言う効果も期待できそうだ

高いお酒は冷やして呑むと美味しいものが多い。でも熱燗で呑むならスーパーで売っている手ごろな値段の清酒の方が美味しいと思う。

例えば松竹梅などは温めると甘みが増して飲みやすい。私が卵酒を作るときはそういうお酒を使っている。私の作り方を紹介します。

【作り方】

湯飲みに卵を割り入れる。黄身だけを使うと言う人もいるようですが、卵全体でバランスのとれた栄養源。全部入れないともったいないですよね。

砂糖を好みで投入。

最後にお酒を注ぎ入れ全体をよくかき混ます。

ここから電子レンジを使用します。卵の塊ができたりしないようにちょっと注意が必要です。30秒ほどレンジにかけて取り出します。まだこの段階ではそれ程熱くはなっていませんが、ここで一旦よくかき混ぜます。電子レンジに入れます。今度は15秒から20秒程度温めます。取り出すと少し暖かくなっています。ここでまたよくかき混ぜます。もし塊があったりすれば取り除いておくと最後に舌触りが良くなります。その後は10秒加熱しては取り出しかき混ぜるを一回か2回すれば、程良い温度になるとともに細かい泡が形成されてとてもまろやかな舌触りになります。全体としたら1分から1分20秒程度のレンジタイムです。

簡単で、甘くおいしい卵酒。寒い夜などにいちどお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました