漢方ファン

私自身が、ほぼ毎日何らかの漢方薬を服用するという漢方薬ファンである。ここ数年は服用しない日はないくらい。お陰で大きく体調を崩すことなく生活できている。

自分で漢方の効果を実感したのは20代の頃。学生時代に住んでいた場所に化学工場からの煤煙が漂って来ていたのが影響したのか、20代後半にアレルギー性鼻炎が発症。水のような鼻水が出たり、目が痒くなったりとなかなか大変。抗アレルギー薬を服用したり、点眼したり、鼻スプレーを使ったりして凌いでいた。

そんな時、漢方に詳しい先輩が小青竜湯を勧めてくれた。半信半疑で服用していると、症状が軽くなるのに驚いた。私の場合は飲んだり飲まなかったりとあまり熱心に服用していなかったのに、かなり効果的だった。その後は症状が出そうと感じたら、まずは小青竜湯を服用しておき、それでも症状が少しあるようであれば抗アレルギー薬を数回服用という利用方法で鼻炎に苦しむことは無くなった。そして不思議なことに漢方薬を服用しなくても鼻炎が気にならないことが多くなってきた。個人的感想とすれば、体質が変わってアレルギー性鼻炎が軽くなったと感じている。

今でも小青竜湯は我が家の常備薬の一つ。寒気が少しして、鼻水がでるという風邪のひきはじめにはお世話になる。体を温める効果もあるので生姜も混ぜてお湯に溶いて服用する。もちろん少しでも鼻や目に何かを感じたときにも少しだけ服用する。

とても良い処方だが、これには生薬の麻黄が含まれているので、不整脈や高血圧、不眠症の方などは長期連用には気をつけたほうが良い。薬剤師さんか医師に相談してから服用しましょうね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました