安全な航空会社

日本の航空会社は世界的にみて上位の安全性を誇っているものと思っていた。特にJALとANAは。さらにスターフライヤーも頑張っていると。

航空会社の格付けサイトにエアライン・レーティングというのがあると知った。そこがまとめた2021年版の安全度ランキングを見ると、なんと上位20位までに日本の航空会社が入っていない。どうやら2018年にはランクインしていたらしい。

事故、故障の種類や発生頻度などはもちろん、保有機体の老朽度その他を勘案してレーティングするということ。おそらく職員数、整備頻度、機体使用頻度、機体の型式などなど多くの項目から判定するのだろう。

今のコロナ禍にあって、航空各社はさらに削れるところは削っていくでしょう。その中でどこまで安全を担保していくのか。さらにきつくなっていくかもしれません。日本の航空会社頑張れ。2021年後半にはきっとまた飛び立てる・・・と信じたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました