2020-07-16

徒然

漢方に親しむ 「竹茹温胆湯 91」

風邪の後始末に使うといわれるのが竹茹温胆湯(ちくじょうんたんとう)です。風邪、肺炎、インフルエンザなどから回復していると思うのだが、熱が出たり、咳や痰が出たりして安眠できないというようなときに使います。夜布団に入ってから咳が出て眠れないとい...
徒然

漢方に親しむ 「二陳湯 81」

胃のあたりの不快感、吐き気などがあり実際に嘔吐してしまうようなこともある、といった場合、二陳湯(にちんとう)を検討します。悪心や嘔吐は幅広い原因が考えられますが、その原因にかかわらず使ってみてもよいかもしれません。構成生薬の陳皮と半夏はどち...
徒然

漢方に親しむ 「小半夏加茯苓湯 21」

つわりに使うことで有名なのが小半夏加茯苓湯(しょうかんげかぶくりょうとう)です。つわりに限らず、悪心、嘔吐、吃逆、などに利用し、喉が渇いたからと何か飲むとすぐ吐くなどの症状の時にも処方します。めまいや動悸を伴うことがあります。 《保険...
タイトルとURLをコピーしました