漢方に親しむ 「黄連湯 120」

お腹が痛み、吐き気があり、口内炎ができやすいという人に黄連湯(おうれんとう)を使うことがあります。二日酔いで胃のあたりが気持ち悪く吐き気がするという状態をイメージしてもよいと思います。半夏瀉心湯の黄芩の代わりに桂枝が入った処方です。

 

《保険適応病名》
胃部の停滞感や重圧感、食欲不振のあるものの次の諸症
:急性胃炎、二日酔、口内炎。

生薬構成》黄連・半夏・甘草・大棗・桂皮・乾姜・人参

《覚え方》こうしちゃおれん、版下 乾燥  経費は堪忍

こうしちゃおれん(黄連)、大切な版下半夏)が乾甘草)燥大棗)してしまい印画できなくて大損。経費桂皮)の支払いは堪乾姜)忍人参

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました