漢方に親しむ 「温清飲 57」

皮膚がカサカサしている人で、のぼせやイライラを訴える人に使用するのが温清飲(うんせいいん)です。四物湯と黄連解毒湯を合わせた処方ですから、血を補ってあげて、其の血のめぐりを良くするとともに、イライラを抑え、必要以上の体の熱を取り除いてくれます。四物湯は温める方向に働き、黄連解毒湯は冷やす方向に働く処方ですから、冷えと熱が交雑したような状態に使うことになります。

《保険適応病名》
皮膚の色つやが悪く、のぼせるものに用いる
:月経不順、月経困難、血の道症、更年期障害、神経症。

《処方構成》四物湯(地黄、芍薬、当帰、川芎)+ 黄連解毒湯(黄連、黄芩、黄柏、山梔子)

コメント

タイトルとURLをコピーしました