漢方に親しむ 「小半夏加茯苓湯 21」

つわりに使うことで有名なのが小半夏加茯苓湯(しょうかんげかぶくりょうとう)です。つわりに限らず、悪心、嘔吐、吃逆、などに利用し、喉が渇いたからと何か飲むとすぐ吐くなどの症状の時にも処方します。めまいや動悸を伴うことがあります。

保険適応病名

体力中等度の次の諸症:妊娠嘔吐(つわり)、
そのほかの諸病の嘔吐(急性胃腸炎、湿性胸膜炎、水腫性脚気、蓄膿症)

構成生薬》生姜、半夏、茯苓

小(生姜)半夏(半夏)加茯苓(茯苓)とほとんどそのまま覚えれば大丈夫ですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました