漢方に親しむ 「薏苡仁湯 52」

関節が腫れて痛むとか、筋肉痛があるとかいうときには、薏苡仁湯(よくいにんとう)を使うことが多いです。薏苡仁自体は皮膚のいぼなどによく使われるようですが、薏苡仁湯の場合は、体表の水の代謝を助け腫れを取ってくれるとされています。急激な痛みというよりはやや慢性的な痛みに使うことが多いかもしれません。

《保険適応病名》 関節痛、筋肉痛

《生薬構成》薏苡仁(よくいにん)、蒼朮、当帰、麻黄、桂皮、芍薬、甘草

《覚え方》欲かき 相当負け 癪やぞう

欲(薏苡仁)かきねばったけど、結局相蒼朮)当当帰)負麻黄)け桂皮)てしまい、とても癪芍薬)やぞう甘草)。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました