漢方に親しむ 「苓甘姜味辛夏仁湯 119」

冷え性で貧血傾向な人が、水様性鼻汁、咳、さらさら痰、喘鳴などを訴えるときに苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)を使います。疲労感、動悸、息切れなどを訴えることもあります。小青竜湯を使いたくなるような人で麻黄が体に堪えるというような人にこの処方を使うことがあります。

《保険適応病名》
貧血、冷え症で喘鳴を伴う喀痰の多い咳嗽があるもの。
気管支炎、気管支喘息、心臓衰弱、腎臓病。

《生薬構成》茯苓、甘草、乾姜、五味子、細辛、半夏、杏仁

個の生薬構成は、処方名通りです。苓(茯苓)甘(甘草)姜(乾姜)味(五味子)辛(細辛)夏(半夏)仁(杏仁)湯となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました