漢方に親しむ 「当帰建中湯 123」

体力がなく、疲れやすく、貧血で冷え性、下腹部や腰の痛みを訴えるというときに、当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)を考えます。産後や月経時に痛みを訴える場合も適応です。外科では痔に使うこともあります。他の痔の漢方薬を処方していた人に下腹痛があったのでこれを処方したところ、このほうが痔の調子もよいといわれたことがあります。当帰で血をめぐらせてくれるから内痔核にも良いのでしょう。生薬構成は小建中湯に当帰を加えただけなのに、それぞれが対応する患者さんのイメージは随分と変わります。生薬匙加減の不思議です。

《保険適応病名》疲労しやすく、血色のすぐれないものの次の諸症:
月経痛、下腹部痛、痔、脱肛の痛み。

《生薬構成》小建中湯(桂枝、芍薬、大棗、甘草、生姜、膠飴)+当帰

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました