漢方に親しむ 「大黄牡丹皮湯 33」

 韓国ドラマの歴史ものでは、よく漢方薬が出てきます。急性虫垂炎と思われる状態に対して、腸癰湯(ちょうようとう)というものが出てきます。冬瓜子(とうがし)がもつという排膿作用などに期待した処方と思われます。この処方に大黄が加わったものが大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)と思われます。ですから軽い急性虫垂炎に利用することもできそうですが、急性虫垂炎であれば現代は抗生物質を使うわけですし、保険適応病名にはありませんし、大黄で便をだす方向に働く際に虫垂穿孔を誘発する可能性もありますから、私は使いません。

 便秘を訴える方で右下腹部に抵抗や圧痛があり、月経困難症などを認める人に使います。血の巡りを良くしてくれるとともに便通を良くしてくれます。痔がある場合も使えます。

《保険適応病名》

比較的体力があり、下腹部痛があって、便秘しがちなものの次の諸症:
月経不順、月経困難、便秘、痔疾。

《構成生薬》大黄、牡丹皮、桃仁、冬瓜子(とうがし)、芒硝

《覚え方》大黄牡丹皮 当人 糖菓子商

大黄(大黄)牡丹皮牡丹皮)湯を服用している当人桃仁)は、糖菓子冬瓜子)商(芒硝)を営んでいる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました