気にしない

 

凛々しい姿の彼はシャンクス

片腕を失った姿を見て子供がそう名付けた

生まれて数ヶ月と思われる時期に

動物捕獲器に右腕を挟まれた状態で

我が家の裏庭に逃げ込んできた

近づくと怖がってベランダの下へ逃げ込んだ

家族で協力して何とか捕まえ

動物病院へと連れて行った

捕獲器が食い込んだ先はだらりと垂れ

怪我をしてしばらく時間が経っていると言うことで

感染も引き起こしており

切り落とすしかないとの事だった

しかし中途半端に切り落とすと

皮膚を縫合しても歩こうとするうちに

皮膚が破れ骨髄炎を起こしてしまうから

結局肩のところから落とすしかなかった

家に連れて帰りしばらくすると

徐々に体力は戻り元気になってきた

他の猫達と遊ぶようになってきた

遊ぶ猫たちは彼の片足がないことなど気にしないし

本人も全く気にする風はない

そもそも障害という認識がないのだろう

彼をみていると

可哀想なんて思うこと自体

失礼なような気がする

今日も元気に走り回っている

コメント

タイトルとURLをコピーしました