太ももの痛み

電話口でもう元気がないと訴える叔母の家を覗きに行った。思ったよりずっと元気で安心した。88才を迎えたとは思えぬほど会話はスムーズだし、部屋も片付いていた。少し差し入れを渡した後に、体に痛むところなど無いかを聞いた。すると左大腿部の付け根よりが少し痛むという。

チェックしてみると、左ひざを曲げてかかとをお尻に近づけようとすると、大腿部が突っ張り痛みが出るという。まあ88歳でそこまで動かせるなら十分だが、M-Testでみてみると、下肢前面ブロックに問題がありそうだ。そこに関係するのは陽明胃経と太陰脾経である。探ってみると、厲兌や解谿も効果はあるが大都が最も効果がある。そこに円皮鍼を貼付した。動いてみてもらうと、「あら動かせるわ」とのことで症状改善。ついでに足三里にも貼付してあげた。

ちょっとしたことで、体の調子というのは崩れるし、整えることもできるということがよくわかる。そんな不思議を感じさせてくれるのがM-Testである。初級者レベルの私でも、随分効果を出せることもあるM-Testを多くの人に知ってもらいたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました