漢方に親しむ 「麻黄附子細辛湯 /127」

風邪気味で微熱があるけど寒気が強いというとき、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)を処方します。体力が衰えている人で、咳、他足の冷えや痛み、倦怠感なども伴います。虚弱な方に使うといっても、麻黄が含まれていますので、狭心症、胃腸障害などのある方には注意が必要です。

処方名通りに、麻黄、附子、細辛で構成された処方で、いずれも体を温める方向へ働きます。

保険適応病名

悪寒、微熱、全身倦怠、低血圧で頭痛、めまいあり、四肢に疼痛冷感あるものの次の諸症 : 感冒、気管支炎。

保険適応はありませんが、アレルギー性鼻炎、寒冷蕁麻疹、神経痛などに応用することがあります。いずれも温めることによって症状改善を図っているといえます。お年寄りに使う場面が比較的多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました