漢方に親しむ 「気のせい?年のせい?」

体の調子が悪ければ病院で診察を受けます

必要な検査もあれこれ受けます

原因がこれだとわかれば

効きそうなお薬を出してもらいます

でも時には検査でなにも異常がなくて

はっきりとした原因もわからないなどということも珍しくありません

 

そこであれこれやってみて効果がなければ

気のせいじゃないかとか

年のせいじゃないかとか

うちの科で診るような異常はみられないとか

言われて診てくれなくなることもあります

 

私は長いこと消化器癌の手術や抗がん剤治療をしてきました

定期的にみている患者さんはもともと私が関わっている病気とは

直接関係がないような症状を訴えることもあります

そんな時専門医を紹介して診察を依頼するのですが

異常なしとの返事をもらうこともたびたびありました

 

ようするに西洋医学ではどうにもならないということです

そういう時は私もこまりながらなんとかならないかと思い

漢方の勉強を始めました

患者さんをみて考えながら少しずつ処方をしました

すると中には症状が楽になったりよくなったりする方もおられたのです

西洋医学で治せないものは東洋医学でもむつかしいのですが

患者さんが喜んでくれるので少しずつ勉強を続けてきました

 

治らないとあきらめていた症状が

漢方薬で少しでも軽快するなら儲けものですよね

限られた人生

少しでも良い体調で過ごしていきたいもの

医者が見放すような一言を言ったとき

興味があれば漢方薬を試してみることをお勧めします

 

そんな漢方に少しでも親しみを持っていただけるよな情報も

このブログで書いていきたいと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました