漢方に親しむ 「四君子湯 75」

体力はあまりなく、疲れやすく、胃の調子が悪いという方に四君子湯(しくんしとう)を処方することがあります。六君子湯を利用することが多いのですが、四君子湯のほうが良いといわれる方もおられます。胃腸を整え、体に元気をつけてくれる処方です。やんわりと気合を入れてくれます。

人参を含み、元気づける処方には、人参湯や補中益気湯もあります。

保険適応病名

やせて顔色が悪くて、食欲がなく、疲れやすいものの次の諸症
:胃腸虚弱、慢性胃炎、胃のもたれ、嘔吐、下痢。

《生薬構成》人参(にんじん)蒼朮(そうじゅつ)甘草(かんぞう)茯苓(ぶくりょう)大棗(たいそう)生姜(しょうきょう)

《覚え方》

◎ 君子の仁術に感服して大笑

君子(四君子湯)の仁(人参)や術(蒼朮)に感(甘草)服(茯苓)してうれしくて、思わず大(大棗)笑(生姜)してしまいました。

コメント

  1. […] 気力がない(気虚)ときの基本処方四君子湯と、血が足りない(血虚)に対する基本処方の四物湯に、黄耆と桂皮が加えられた処方です。 […]

タイトルとURLをコピーしました