旅立ち

次は社会に出る、というときの学校からの卒業は特別なもの。学校生活の終わりが、そのまま将来へ向けてのスタートとなる。どこまでも続くと感じる未来への扉である。その後の人生でも節目はいろいろあるだろうが、終わりが次の始まりとなり、とりまく状況がこれほど大きく変わる旅立ちはないと思う。

今年は、卒業生たちがまさに飛び立とうとしたときに、COVID19感染拡大が起こり、先行き不透明な様々な会社が内定取り消しをしたと聞く。感染収束にはまだほど遠いとは思うが、可能な会社は将来への重要なマンパワーとして再度採用を考えてほしいものである。

また、飛び立てずに不安いっぱいの若者も、自分を高める努力、こだわりを捨て自分が輝ける場探しを弛まず行っていってほしい。

ほとんどの人が不安を抱えている現在だが、不安は生命エネルギーを大きく損なう感情だ。とにかく今できることを様々考え、絞り出し、大切な今を積み重ねていってほしいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました