HONDA GoldWingの自動変速機構(DCT)の威力

バイク

バイクでカーブをスムーズに通り抜けるために、私はシフトダウンを利用するのが好きです。

シフトダウンとは

シフトダウンとは、エンジンの回転数を上げるためにギアを低い段階に落とすことを指します。カーブに入る前にこれを行うことにより、スムースな減速が可能でありかつ、カーブ出口からの加速を素早く行うことができるのはバイク乗りなら皆さんご存知。カーブを抜け出す際に必要な加速力を得ることができます。しかし、この操作をカーブ途中に行うと、バイクのバランスを崩す可能性があるから注意が必要です。車のマニュアル車なら、ヒール&トゥーを練習した方もおられるかもしれませんね。

HONDA GOLD WINGに搭載されているDCT

ここで、Honda Goldwingのお話。HONDAのバイクのいくつかの機種には DCTという機構がついており、GoldWingにも搭載されています。これによりその大きなボディーとは裏腹に、軽快な走りを実現してくれます。DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を搭載しているモデルでは、自動でのシフトチェンジが滑らかに行われ、絶妙なシフトダウンを実感できます。この先進的なトランスミッションシステムは、バイク乗りにとって非常に魅力的な機能です。

DCTのメリット

DCTは、2つのクラッチを使用して、次のギアへの変速準備を行いながら現在のギアを維持することで、非常にスムーズなギアチェンジを実現します。このため、加速時のパワーの途切れが少なく、より快適なライディングが可能になります。カーブに入る前にスロットルを少し緩めるとシフトダウンが進みスピードが落ち、、カーブの出口にかかる時スロットルを再び開けるとスムーズに加速していくわけです。

信号での停車時のシフトダウン

Goldwing DCTでは、信号で停車する際に早めにスロットルを戻すことで、自動的に徐々に1速までシフトダウンしてくれ、最後に軽くブレーキをかけるだけで、安定した停止が実現します。この機能は特に、大型バイクの取り回しや停止時の安定性を重視するライダーにとって、大きな利点です。大きなボディーを持つバイクでも、DCTのおかげでギアチェンジでバランスを崩すこともないので扱いやすく、快適なライディングが可能になるのです。

快適な長距離ツーリング

Honda Goldwing DCTは、長距離のツーリングにおいてもその真価を発揮します。自動でのシフトチェンジは、疲労の軽減にもつながりますし、高速道路での巡航時の快適性を大きく向上させます。また、DCT搭載モデルには、スポーツモードや手動でのギアチェンジを楽しむためのパドルシフトも備えており、さまざまな走りが楽しめます。

楽しめるGoldWing

Honda Goldwing DCTは、大きなボディーながら軽快な走りを実現し、信号での停車時には早めのスロットル戻しで自動的にシフトダウンし、スムーズな停止を可能にします。このような先進的な機能が組み込まれているため、非常に快適なライディング体験を提供してくれるのです。バイク愛好者、特に中年以降の者にとって、なかなか魅力的なバイクになっていると思います。購入を迷っているあなた、ぜひGoldWingを楽しみましょう。

コメント